FC2ブログ

2013-02

Latest Entries

“まなざし”にさらなる磨き!手作り和菓子の店 「紅谷」

伊東市中央町キネマ通り内にある「紅谷」(べにや)さんは、
創業昭和11年(1936)の老舗の和菓子屋。
こちらの三代目店主、佐々木秀さんは、
おもてな師マイスターでご一緒しています。

紅谷・店内

自家製造餡にこだわった紅谷さんのお菓子は、
どれも自然な甘さとやさしい味わい。
店主とそのご家族のお人柄を象徴しているかのようです。
 
さて、おもてな師マイスターになってから・・・
それまで以上に、お客様の視線やペースを察し、
より細やかな接客になったと、
これにはご家族も“太鼓判”なのだそうです。

“まなざし”にさらなる磨きがかかったのでしょう!

三代目のお話で印象に残ったのは、
“手が届く範囲で商売をする”という言葉。
それはつまり、“まなざし”が及ぶ範囲で、ということ。

商品への厳しいまなざしと、お客様への細やかなまなざし。

創業75年を越えた今、三代目のまなざしは、
紅谷の明日に向けられています。

紅谷・外観 

紅谷オフィシャルサイト

スポンサーサイト



 “この人”から買いたい! 井上魚店 

伊東市弥生町にある「井上魚店」さんは、
数年来通っているお気に入りの魚屋さん。
お魚と一緒に“おもてなしのヒント”が並んでいます。

そこにあるのは、“人”による楽しさ。

なじみのないお魚の食べ方や、お気に入りの一品・・・
短いやり取りを通じて頂いたお魚には、
目には見えない“おまけ”が付いている気がします。

忙しいなか気にかけてくださる姿勢は、
まさに“おもてなしマインド”そのもの。

何をどれだけ安く買うかは一大テーマですが、
それと同じくらい、もしかしたらそれ以上に、
“誰から買うのか”もとても大切。

安さや品揃え、それ以上の“何か”があるお店は、
“ちょっと遠回りでも寄って行こう”
そんな風に思わせてくれます。

井上魚店
井上魚店
ココス伊東桜木店向かえ 水曜定休

«  | ホーム |  »

プロフィール

uzumaki

Author:uzumaki
2001年より静岡県伊東市在住
夫と二人伊豆アンモナイト博物館を
運営しています。
2012年より
伊東温泉おもてな師マイスター
として活動

 

フェイスブック

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR